頭皮に顔用の化粧水を付けるにはデメリットが2つある

 

頭皮にも顔用の化粧水を付けていいのだろうか・・・

 

顔用の化粧水であれば家にあるので、そのまま頭皮に塗れば効果があるのではと考える人も多いです。
結論からすると効果があります。

 

ただ、デメリットが2点あります。

 

  1. 頭皮トラブル改善の効果はあまりない。
  2. もったいない

 

頭皮用の化粧水も顔用の化粧水も保湿成分に関しては同じものが使われています。
どちらも保湿成分としてヒアルロン酸やコラーゲンなどが配合されているので、乾燥対策としての効果を得ることができます。

 

しかし、効果は頭皮用に比べれば効果がないと考えた方がいいです。

 

頭の化粧水には顔用に使われていない成分が含まれています。
炎症を抑える成分や雑菌の繁殖を抑えるための成分が上げられます。

 

炎症を起こすことによって、フケやかゆみ、湿疹、頭皮ニキビなどが発生するのですが、それらを防ぐ効果はないのですね。
あくまで保湿効果のみとなります。

 

頭皮に雑菌が繁殖しているのであればバリア機能が低下しているはずです。
そこで保湿をしたとしても炎症を起こしているので乾燥対策としての効果が低下してしまう可能性もあります。

 

そのため、頭皮のケアをしっかりできている訳ではないので顔用をつかうのはもったいないと思います。
どうせ利用するのであれば頭皮用を購入した方が費用に対する効果を得ることができますし、しっかりとした頭のケアをすることができます。

 

人気の頭皮化粧水についてはトップページで紹介しています。
頭皮化粧水

 

間違っても頭皮用化粧水を顔に使わないようにする

 

さきほども申したように頭皮用化粧水には顔用には含まれていない成分が配合されています。
顔に塗ることによって刺激が強く荒れてしまう可能性が考えられます。

 

そのため、間違っても頭皮用を顔につけるのは控えた方が良いです。

 

頭の皮膚も顔と基本的なつくりは同じなのですが、皮膚の中の構造が全く同じなわけではありません。
そのため、刺激から顔が荒れてしまうことにより美容トラブルが発生する可能性があるのですね。

 

どちらも皮膚の一部となるのできちんとケアを行わなければならないですが、できるだけ専用のものを利用した方が良いです。
あえて分けているのにはそれなりの理由があるわけなのですね。

 

フケやかゆみに悩まされている人は多いですが、大抵そういった人は化粧水によるケアを行っていません。
顔のケアは行うのに頭のケアは行わないのですね。

 

そのため、頭皮トラブルに見舞われているのです。

 

洗顔をした後に化粧水を塗るのと同じように頭にも美容成分の含まれたのでケアを行わなければなりません。
頭皮トラブルに悩まされることがないようにするためにもきちんと専用のものでケアを行っていくようにしましょう。